☆南山女子・東海中学を塾なしでも合格できた☆ママ塾へようこそ!

塾に行けない事情もあり、母が情報収集から雑用仕事まで1人でこなし独自の方法を生み出しました。 1人で悩まず、このママ塾を用いて子どもと一緒に楽しんで中学受験に臨みましょう。

志望校に合格できたわけ。その②

こんにちは。

Miw+(ミュープラス)と申します。

よろしくお願い致します。

 

 

昨日にひき続き合格したわけについてお話したいと思います。

 

②本人に合ったテキスト選び について

お母様が受験生になられたつもりで想像してみてください。

たくさんのテキストが机の上に山積みになっています。

(さあ、頑張るぞ!)やる気になりますか。

あるいは、まったく歯が立たない難問テキストが1冊あります。

時間ばかりかかり、こちらも、やる気がなくなります。

 

今の実力より、少し上のレベルのテキスト

これが最もやる気を引き出します。

スラスラとはいかなくても解ける問題もあり、

サッと解けたら嬉しいし

少し粘って解けたら心地良いし

苦労して解けたら達成感があります。

そうやって、

実力と自信を重ねて成功体験を脳にインプットします。

 

こんなテキストをどうやって見つけるのか?

塾だと決められたテキストが数パターンあり、

そこから選択され与えられているかと思います。

 

我が家は塾も通信教育も利用していませんでした。

ですから、私が子どもの反応を見ながら本屋に通いました。

数回、訪れ何時間も悩み、迷い、ようやく!!

本人に合った1冊と巡り合うのです。

 

志望校別に問題傾向も異なりますが

まずは本人に合ったテキストを選びます。

 

このように上の子で使ったテキストが

下の子で使える教科もありましたが

ほとんどの教科を買いなおしました。

 

簡単すぎるテキストは役に立たない。

難しすぎるテキストはやる気を失う。

実力より少し上のテキストを用いて

その1冊を繰り返し解いてください。

 

読んでほしい本を

「これ買ってきたから読んでみて」と与えるのではなくて

そっと、本棚の隅にあるいは

リビングのリモコンの近くに置くだけでいいと思います。

指図されると、気分がのりませんが

興味があれば自分から手にとります。

 

 

最後に

新しく買ってきた本を我が家はブックカバーで隠すようにして

リビングや机の本棚の間に並べます。

すると、人の心理は不思議なもので

見たり、読んだりしたくなるのです。

そうやって関心を惹きつけてみましょう。

 

 

 クリックで皆様の応援お願いします

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ