読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆南山女子・東海中学を塾なしでも合格できた☆ママ塾へようこそ!

塾に行けない事情もあり、母が情報収集から雑用仕事まで1人でこなし独自の方法を生み出しました。 1人で悩まず、このママ塾を用いて子どもと一緒に楽しんで中学受験に臨みましょう。

受験生 VS ストレス

🌸ウキウキ 上がる 【受験生へのメッセージ】

こんにちは。
Miw+(ミュープラス)と申します。
よろしくお願い致します。

 

 

今日は、ストレスについてお話ししたいと思います。

ストレスは受験生にとってつきものです。

ストレスによってイライラしたり、カリカリしたり、

気持ちをふり回されます。

全てのストレスを回避することは不可能ですが、

・極力ストレスを与えない

・ストレスを感じにくいメンタルづくり

これで随分、ストレスを減らすことはできます。

 

日ごろから我が家では、

「●べる」「●ちる」と言葉を平気で使います。

受験シーズンであっても

これらの言葉をあえて使っています。

そのため、いざ周りで

このような言葉を耳にしても

その光景を目にしても

ストレスを受けることはありません。

 

 

こんな体験がありました。

入試の朝、学校近くまで来たときに、ある親子が、

母「●ちた。また、●ちた。」

娘「お母さん無神経ね。

  手が●べったと言ってよ。」

言うまでもなく、その親子から

受験生は遠ざかっていきました。

ところが、私の子どもだけは

全く気にしなかったので、

「●ちるも、●べるも、どっちも同じだろう!」

と笑いながら、つっこみを入れ、

逆に緊張がほぐれました。

 

また、我が家では、周りが気を遣って

その言葉を避けているのに、

受験生である本人が

「あっ、●ちた。また、●ちた。」

と連発することもしばしばありました。

 

 

このように日頃から

ストレスを受けにくいメンタル

に鍛えるとよいでしょう。

 

 

お母様はストレスがたまったとき、

どのように発散されていますか?

ほしいものを買う?

エステに行く?

1人の時間をもつ?

人それぞれだと思います。

しかし、子どもはどこで発散するのでしょう?

毎日のように塾や習い事があり、

学校と家を行き来して、

1人の時間さえもてません。

 

 

 

最後に

お子さんが1人になれる時間

お子さんが落ち着く場所

与えてあげてください。

たとえ、5分でもいいので

そっと見守ってあげましょう。

見守ってあげることも愛情表現のひとつです。

 

 

 クリックで皆様の応援お願いします

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ