読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆南山女子・東海中学を塾なしでも合格できた☆ママ塾へようこそ!

塾に行けない事情もあり、母が情報収集から雑用仕事まで1人でこなし独自の方法を生み出しました。 1人で悩まず、このママ塾を用いて子どもと一緒に楽しんで中学受験に臨みましょう。

5年生のママが今!行うこと

こんにちは。
Miw+(ミュープラス)と申します。
よろしくお願い致します。

 

 

引き続き、5年生についてお話したいと思います。

10月13日のブログの項目を思い返してください。

 

◎文化祭に行き、在校生にたくさん質問をしましょう

 文化祭は生徒が主体なので、

 学校のカラーが随所に表れています。

 入試説明会よりも、文化祭の方が

 生徒の本音を聞くことができます。

 文化祭で在校生に直接、

・学校の長所、短所

・入試のときに気をつけたこと、困ったこと

・入試に向けて何をしたら良いかなど、

 質問をして反応を確かめましょう。


◎体験授業には必ず参加しましょう

 実際に授業を受けることで、

 学校や先生の雰囲気も分かります。

 教室の掲示物や週間予定表などを見て、

 自分に合うのか、居心地がいいのか、

 を探ることができます。


◎志望校を家族と話し合いましょう

   その理由や長所と短所も挙げておきましょう

 まだ確定する必要はありません。

 おおよその的を絞り、志望校の対策を練り、

 実際に訪れたときの情報を基に判断するなど

    第1〜第5志望くらい考えておきましょう。


◎来年度の入試のための服を購入しておきます

 来年度の入試に着ることを想定して

 やや大きめを今のうちに揃えておくのがいいです。

 どんなものを選ぶかは、10/14のブログにある、

 6年生の服装をチェックしてください。


◎カレンダーに今年度の願書提出日、入試日、

    合格発表日を記入します

    当日の天気や体調管理をメモしておきます

    今年度に入試を受けるつもりで、

    小学校に登校したり、

    スケジュールを立てたり、 

    メンタルコントロールもしておきましょう

 1年早く経験しておくことで、

 受験に対する緊張感が芽生え、

 モチベーションUPにつながります。

 試験会場まで出向く必要はありません。

 行ったつもりになればいいと思います。


◎身近な6年の受験生や塾での雰囲気を感じ取り

 来年度、どう自分が行動したらいいのかを  

 観察しましょう

 客観的に来年度、受験生になった自分を

 想像することができます。

 自分の立場に置き換えてみて、

 冷静に分析し、良いところを真似ます。


◎時事問題をチェックしたり

 小新聞を購読したり、

 世界の出来事にも関心を持ちましょう

 今年度の分は、今のうちに

 テレビでもネットでもなく、

 新聞から確かな情報を

 自分で選択できるようにしておきましょう。

 中学受験には、朝日小学生新聞が適していると

 私は思います。

 なぜなら、我が家では上の子は小学3年生から

 下の子は幼稚園の頃から、ずっと欠かさず

 朝小新聞を購読していました。

 漢字にもふり仮名があり、読み易く

 語彙力も身につくと思うからです。


☆6年生の今の時期よりも5年生のうちに

 うんと努力をしてください。

 そして、集中して学んでください。

 大きく差が出るのは、

 4年生と5年生の夏休みで決まる

 と言っても過言ではありません。


☆6年生になってからでは遅いです、

 今からラストスパートをかけていきます。

 6年生になると、周りがみんな頑張ります。

 ですから、どんなに努力しても

 なかなか成果に表れず、

 達成感を得ることが難しくなります。

 5年生までにある程度の結果を出し、

 自信をつけておくと、

 少々のことでは、へこたれません。


☆漢字、計算問題、小さい配点も

 今のうちから毎日コツコツ取り組みます。

 チリも積もれば得点になります!

 もしも、ボーダーラインにいたとしたら、

 漢字1問、計算1問で、合否が別れます。

 この時期に行う、コツコツ積み重ねた努力が

 入試本番に活かされるはずです。

 

    みんなが遊んでいるときに

    集中して短時間で学び、

    みんなが塾や宿題をしているときに

    しっかり寝て、脳と体を休めます。

    これが「中学受験での我が家のルール」でした。

 

 

最後に

イソップ物語「アリとキリギリス」

子どもたちには、常日頃、

アリになれ!キリギリスになるな!

と言い続けました。

 

我が家の下の子は

3年生の夏休みから、独学で数学を始め

4年生の終わりには中学3年生の範囲までの

2次関数、因数分解平方根、2次方程式も理解し

5年生のはじめに数検3級を合格。

5年生は、志望校の過去問を解いたり、

解き直しに力を注ぎました。

ところが6年生・・・

凄まじい反抗期がやってきて、

私が教えるどころか、質問にすら来ませんでした。

話せば喧嘩になるので、私は本人の意思に任せ

やりたいようにやらせました。

見守る、どころか・・・覗き見も遠慮していました。

上の子を見ていて要領が良かったことと

負けん気が強かったことが幸いでした。

5年生まで行ってきたことを黙々と

過去問、解き直しをしながら、苦手を減らす本人。

ただ1つ、私が行ったことは、

繰り返し解いていた、各教科の問題集のコピー

同じものを3部ずつ用意して

いつでもすぐに使えるように

ストックしておいたことくらいです。

 

5年生までにやるべきことをやり終えておけば

6年生になって(冬になって)慌てずに済む!

~反抗期だった『アリ』より~

 

 

クリックで皆様の応援お願いします

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ