☆南山女子・東海中学を塾なしでも合格できた☆ママ塾へようこそ!

塾に行けない事情もあり、母が情報収集から雑用仕事まで1人でこなし独自の方法を生み出しました。 1人で悩まず、このママ塾を用いて子どもと一緒に楽しんで中学受験に臨みましょう。

理科は暗記力より観察力

こんにちは。

Miw+と申します。

よろしくお願い致します。

 

 

ハロウィンの時期です。

かぼちゃにちなんだお話をしたいと思います。

これは3歳児用に遊びの中で伝えた事柄の 

ほんの1部です。

 

もともと、ハロウィンには「カブ」

を用いていました。ところが

夏の終わりにたくさん収穫され

保存も利き、加工し易く

中身はオレンジで見栄えもあることから

カボチャが使われるようになりました。

 

さてここで、お母様に質問です。

Q: この中で野菜は、どれでしょう。

カボチャ、スイカ、メロン、イチゴ、ゴマ

 

 

 

A: 全て野菜です。

・カボチャは、ウリ科です。

 スイカも、メロンもウリ科です。

・花は、黄色でカボチャ、スイカ、メロン、

 どれもキュウリとそっくりです。

    葉は、カボチャ、メロンは

    キュウリに似ていますが

    スイカは少し違います。

・イチゴは、バラ科です。

 カキ、モモなど果物は、木で実ができます。

 畑で育つイチゴは野菜なのです。

 イチゴの葉は、三つ葉と同じように

    茎の同じ部分から3枚の葉が出ています。

・ゴマも畑でできます。

 白いかわいい花です。

 実の中にできた種を干して、ゴマができます。

 

次は、ウリ科の花はなぜ黄色なのか?

それにもちゃんと理由があります。

<虫媒花>

虫に花粉を運んでもらう必要があるので

目立つ色で甘いにおいを発します。

<風媒花>

風に花粉を運んでもらうので、

目立つ色や香りは必要ありません。

<水媒花>

水の流れで運んでもらいます。

 

理屈がわかると自然に覚えることができます。

試験のために4,5年生になってから

詰め込むのではなくて~

幼児期のうちに散歩や遊びを通して

実際に触れたり、匂いを嗅いだりして

毎日の生活の中で、好奇心、探求心を養い

結びつけていくものだと思います。

幼児期は、たくさん時間もありますから

いろんな場所に訪れ、じっくりと観察する

ことができます。

こうした経験は、記憶に残っています

幼児期にこそ、たくさんの経験をしてほしい

そう願っています。

 

 

最後に

コンニャクイモを見たことがありますか。

かわいいピンクの角があります。

 

レンコンは、泥と水の条件が揃えば育ちます。

スチロール容器に泥と水を入れても育ちます。

 

サトイモの花は、数十年に1度しか咲きません。

黄色のカラーに似た花です。

花粉が服に付くと茶色に染まり取れません。

 

私も子どもと共に経験したから

忘れずに覚えているのです。

本を眺めて覚える学習よりも

幼児期のうちにできること

ワクワクすること

これらのきっかけを与えてあげましょう。

 

 

         

 f:id:miwplus-jyukenhoiku:20161029225947j:plain  

 コンニャクイモ  

  ↓  

f:id:miwplus-jyukenhoiku:20161029222438j:plain

 茎を取ると中からピンクの角が出現

 

 

 

f:id:miwplus-jyukenhoiku:20161029223011j:plain    

  ゴマの花  

 

   

f:id:miwplus-jyukenhoiku:20161029223309j:plain

 サトイモの花

 

 

クリックで皆様の応援お願い致します

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村 


中学校受験 ブログランキングへ