南山女子・東海・国立中学を塾なし合格できたその後🌸京都大学、慶應義塾大学に合格した🌸ママ塾へようこそ!

塾に行けない事情もあり、母が情報収集から雑用仕事まで1人でこなし独自の方法を生み出しました。 1人で悩まず、このママ塾を用いて子どもと一緒に楽しんで中学受験に臨みましょう。

嫌なことは変換!

 

今日はちょっと受験と離れた話題です。

学校の給食…について

Miw+と申します。

よろしくお願い致します。

 

 

学校、給食、とは…

本来、楽しいものでなければいけません。

でも、それが苦痛な子もいます。

学校は、いじめなど存在しなくて、仲間がいれば楽しい場所なはず。

どうして「いじめ」なんていう無駄なことに時間を使うのでしょう?

いじめる側は、いったい何が不満なんでしょう?

自分のストレスをなぜ他に、仲間に向けるのでしょう?

相手の立場を考えない、相手の子をうらやましいと思う

そんなことから、起こっているのだと想像できますが

それに時間を割く、頭も暇もあるだけで

あなた自身は既に恵まれています!

その頭と時間をボランティアに使ったら

みんなに感謝されるし、仲間が周りに集まってくると思うんだけど…

それに気付いて欲しいですね。

 

遠い昔、私は給食が嫌いでした。

昔は先生に、あまりクレームをつける親もおらず

先生の言うことは絶対!従うべきのような風潮で。

給食の量が多くて食べることができなかった私は

特に給食の量が多い、カレーの日が大嫌いでした。

どうにかして休みたい、体調を崩して休みたい、

作戦を練るのですが失敗…

いつも仮病がばれて、渋々登校していました。

 

ある日、私ともう1人の男子で強硬手段に出ます。

給食の時間が終わり、掃除の時間に突入し、

埃の舞う中で机2つを隅っこに追いやられ、

それでもまだ、食べ終わらず、5限目、6限目

帰りの会も机には給食のお皿があります。

もうここまでくると冷えて、固まって、

さらに食べる意欲は失われています。

給食を残したら、明日の給食はなし!

それを承知で、私ともう1人の男子は帰りました。

家で親に話しました、

給食を与えないことはさすがにないでしょう〜と言われて翌日登校。

私とその子は覚悟して出かけました、長い1日になることを…

本当に給食は与えられませんでした。

怒ったり泣いたりすると余計にお腹が空くので黙ってその場をやり過ごしました。

他の生徒への見せしめでもあったのでしょう、先生も考えを曲げません。

帰宅すると、手当たり次第にそこにあったものを口に突っ込みました。

小学校中学年、このときからずっと私は給食が嫌いです。

 

今度は先生側になって、幼稚園で苦手な給食が出ました。

残してもいいよ、量を減らしてもいいよ、

1口だけでいいから食べる努力だけしてみてね!先生も苦手だもん!

そう言うと園児は笑いながら、1口だけ頑張ります。

オエッ、涙が出そうに、小さなかけらを口に入れる園児。

その気持ちが十分理解できるのでこっちまで泣けてきます。

たくさん褒めました。

 

 

食事でも、運動でも、好き嫌い、得意不得意があります。

最終的な結果、量だけを見て褒めるのではなくて

個々の努力の量や過程を受け止めて褒めることが

大事であると感じました。勉学もそれと全く同じです。

給食が好きな子、先生にとっては何でもないことのように思えますが

給食が嫌で、献立を気にして、学校に行くのをためらう…なんて

とんでもないことのような気がします。

学校は子どもにとって楽しい居心地のいい場所であってほしいと思います。

 

 

そして、参考までに

もしも学校や先生にお願いしたいことがある場合

お母さんよりもお父さんの方が効き目があります。

母親はいつも子どもに寄り添い一生懸命です。

先生、学校は、またお母さんが出てきたか、言ってきたか

その程度であまり相手にしません。

でも普段、仕事で学校にくる機会がない、忙しい父親が現れると

何も対応に変化がなかったとしても、学校側は少し重く受け止めるそうです。

(小中学校の先生している友達より)

ですからここぞ!というときには

父親が登場するカードを使ってみてくださいね。

 

 

また、中学受験の面接でも(今は面接のある学校も少ないですが)

息子でも、娘であっても父親が同行する方がいいと言います。

なぜなら、母親は受験に関してたいてい一生懸命です。

母親だけが奮闘していると思われがちです。

父親が面接に登場するだけで

家族で学校の受験に賛成で協力体制であることが伝わります。

さあ、お父さんの出番です!頑張りましょう!

 

 

 

 

結尾に

iPadiPhoneを重ねて、充電していたら…

つるんと滑って、充電器の付け根がパキッと折れてしまいました

あ〜がっかり

ポイントで買った予備が数本あるのですが子どもたちに取られ

昔のiPhoneケースをいじっていたら

最後の1つありました、充電器!ありがとう

使っていないイヤホンが2つも出てきて早速つけてみると

純正のせいか、低音から高音の音域も広がり、音も綺麗

幸せ倍増(╹◡╹)やったー!

子どもには、イヤホンしながら音楽を聞いていたら

周りの変化に瞬時に対応できない

知らないうちに周りに迷惑がかかっていることに気付かない

「〜ながら」はやめなさい、と言っていましたが

イヤホン🎧なかなかいいものですね(╹◡╹)

 

マナーのない暴走や騒音はいけませんが

車のマフラーの低音が車好きにとっては嬉しい

花粉症も花粉の取り方、扱い方を正しく認識すれば

少しは楽に、この時期も花粉から解放されます

その物の本質を見抜いて快適に利用しましょう

聞こえなかったもの、見えなかったものに気付き

解決できる糸口が見つかるかもしれません

 

ちなみに

小学校の給食が嫌なら、

南山小学校にすれば毎日がランチバイキング

中学校で給食が嫌なら、

私立なら学食や弁当に変換できるし

国立なら毎日弁当(作るの大変)

名古屋市立中学では給食AかBメニューあるいは弁当を選択できる

そんな学校もあり、様々です